大阪市内で一般廃棄物・産業廃棄物をはじめとした収集運搬、リサイクルなら株式会社 木村衛生

CSR経営について

木村衛生グループは、護美がんばります!リサイクル好きやねん!の精神で全社員をあげて環境保全に取組み「社会」に貢献する事を全社員が基本責務として認識しています
3R(リデュース・リユース・リサイクル)への取組みを積極的に推進し、リサイクル推進企業として社会に貢献致します。

リサイクル可能品・古紙を分別収集できる新型特殊車両

■ステークホルダーと共に循環型社会の形成を目指す

廃棄物処理の総合商社として、日々の業務を通してステークホルダーへ下記の取組みを行います。

  • ①3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進
  • ②環境問題に関する関係諸法令改正に向けた取組・提案
    ・廃棄物適正処理の提案・排出者責任の周知
    ・廃棄物マネジメント・環境マネジメント(排出量の計数管理・削減目標の作成など)
  • ③ホームページ上で環境問題に関する情報を提供

■自社グループでの環境負荷低減への取組み

①新型特殊車両の導入
限りある資源の有効利用の促進と循環型社会への貢献の為、廃棄物収集運搬車両において、リサイクル可能品・古紙を分別収集できるよう新型特殊車両を極東開発工業(株)・日野自動車(株)と開発・導入。

*

②産業廃棄物の中間処分をする為の処理施設を建設
3Rの考えを当グループでも実践すべく、自社グループ会社において、平成24年大阪市大正区に産業廃棄物の中間処理をする為の処理施設を建設。(捨てるだけだったゴミ(資源)を再生する試み)

※3Rとは
●Reduce(リデュース)・・・抑制
使用済になったものが、なるべくゴミとして破棄される事が少なくなるよう、ものを製造・加工・販売する
●Reuse(リユース)・・・再利用
使用済になっても、その中でもう一度使えるものはゴミとして破棄しない
●Recycle(リサイクル)・・・再生
再使用できず、または再使用された後に破棄されたものでも、資源として再生する